私の体験談 ~健康・病気~

T・Sさん 34歳 農業

うつ病で3年ほど悩んでいた

Sさんは、会社の同僚からのいじめをきっかけに、うつ病にかかってしまい、以来3年ほど精神的に悩んでいました。会社も辞めて仕事もしていませんでした。

「一時期、病院にも通ったことはあるんですけど、先生を信じられなくなって…。気分がマイナス思考になり、何をしてもつまらないんです」

そんな彼が、真我の開発に徹底して臨むことになりました。

うつ病がなおった

そして、自らの内に神性を見出だした時に、今までしっくりいっていなかった両親への憎しみが一気に消えてなくなり、感謝の気持ちが涌き出てきたのです。

それからというもの、Sさんは見違えるように変わっていきました。まず顕著に現れたのが、一緒に住んでいてもほとんど会話のなかった父親とよく話すようになったことです。

「取り止めのないことでも親しく話せるようになりました。父の方からもよく声をかけてくれるようになりました」

また、まわりの人たちも彼の変化に驚きました。

「母からは、『人相が変わったね。目が大きくなったし、鼻も高くなったみたい』といわれました。友だちからは『凛々しくなったね』とか『爽やかになったね』とか、中には『何だか人格者になったね』

なんていってくれる人もいました。たぶん、ボクに自信がついたからそうやっていわれるんだと思います」

彼は今、元気に家業である農業の手伝いをしています。