毎月10名様 参加費3,000円を無料ご招待!

真我パーソナルカウンセリングをお勧めする方

これまで作り上げてきた「フィルム」を書き換えて、全く新しい人生を踏み出しませんか?

スクリーンとフィルム

心の学校の学長佐藤は、今起こっている現象を、映画で言うとスクリーンに映った映像と例えます。

そのスクリーンの映像を見て、悲しい気持ちになったり、つらい気持ちになったり、
苦しい気持ちになったり、はたまたうれしい気持ちになったり、感謝したりしているのですね。

 

もし、スクリーンに映っている現実が苦しく、つらいものであれば、
その映像を映し出す「フィルム自体」を交換する必要があります。

 

フィルムとは何か?

では、フィルムとは、一体何なのでしょうか?

フィルムとは、あなた自身の「過去の記憶」です。

あなたがこれまでに体験、経験して来た「過去の記憶」が
フィルムに書き込まれています。

 

もしかしたら、
その体験、経験をあなたは覚えていないかもしれませんし、
意識していないかもしれません。

では、今スクリーンに映し出されているフィルムがどのような内容か、
なぜそのフィルムが作り上げられたのか、あなたは知っていますか?

多くの方はフィルムの事すら知らず、スクリーンに映ったものだけをみて、苦しんでいます。

 

フィルムを書き換える

そして、そのフィルムを書き換えない限り、また同じ現実がスクリーンに映し出されてしまうのです。

ですから、このパーソナルカウンセリングでは、あなたが気づかないうちに作り上げてきたフィルムを発見し、
それを書き換える方法を、マンツーマンでその人の状況に合わせてお伝えしています。

真我パーソナルカウンセリングお勧めのポイント

このようなお悩みを持つ方が「真我」を発見し、自分の「フィルム」に気づいていきました。

職場を転々としていた

元々は「どうしても職場を転々としてしまう。」という悩みで真我開発講座に来た男性がいました。

どこの職場に行っても駄目。とにかく上司に対して怒りがたつ。
常に上司から価値観を押し付けられるように感じてしまい、
どうしても耐えられずに辞めてしまう。その繰り返しでした。

さすがにこれだけ転職を繰り返してしまうのは「自分に何か問題があるのでは?」と思い、
真我パーソナルカウンセリングを受講されました。

 

フィルムが父との人間関係にあったと気づいた

そこで真我に出会い、いつも上司に対していらだつ原因の根源、つまりフィルムは
「父との人間関係」にあった、と気づきました。その後カウンセリングで、
父との関係を書き換えることに成功し、それからはこれまではどうしてもいらだっていた
上司に対しても、全く怒りを感じなくなり、結果業績は一気に上がり、年収も増えていきました。

更にその後、結婚し、子宝にも恵まれて、今は本当に幸せな生活を送っています。

世の中を恨んでいた

3.11後、長年勤めていた会社が倒産。一時は電気も電話も止められていた程。
「何で私だけこんな目にあうんだ・・・。」と世の中を恨んでいた女性。
そのイライラやどうしようもなさで子供にもつらく当たってしまう日々でした。

何か変えたいと、真我パーソナルカウンセリングを受講されました。

しかし、本講座へのお申込みはどうしてもお金の工面ができずに、合計で4回。
パーソナルカウンセリングを受けていました。

その際にも、「結局自分を変えるのにもお金が必要なんだ・・・。」と
非常にネガティブな考えのスパイラルに陥っていたんですね。

しかし、5度目の正直で、偶然にもお金の工面ができて、本講座を受講。

 

フィルムが両親の確執にあることがわかる
そして自分自身のフィルムが「両親への確執」にあることが分かりました。

過去に両親から受けていた言葉の暴力が無意識にフィルムを作り出し、
そのフィルムが彼女の世界観を作り上げていたのですね。

つまり、両親との確執が、自分の子供にまで影響を及ぼしてしまっていたんですね。

その事に気づき、フィルムの書き換えを行いに成功。受講後すぐに就職先が決まり、
今ではこれまでとはガラッと違った幸せな人生を送っています。

普通、電気も水道も止められているような状況であれば、お金ができたら
生活費に回したくなるでしょうが、彼女は「自分にとって一番大事なこと」が
分かっていたからこそ、何の迷いも無く真我開発講座にお金を投資されました。

結果として、本当の自分が分かり、就職先も決まり、両親、子供との関係も良くなりました。

その他、このようなお悩みを持つ方が受けられています。